不動産 | 賃貸&売買、住宅&オフィス、中古&新築までの不動産情報

 

不動産というと駅地下や駅前にある地元の不動産会社をイメージする方も多いのではないでしょうか?
まず不動産は土地と建物、それらのに関わる権利などを管理する概念です。
日本の法律では、、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はありません。 しかし住宅などの建物そのものがが土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。 実は珍しく台湾民法にあるくらいです。ほかにも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。
ちなみに、不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。

 

私たちの身近なところでは、スーモやアットホームなどは、不動産の物件情報雑誌(サイト)ですよね。
駅やコンビニなどに、毎週新しい賃貸マンションやオフィスの売買などの情報が載っています。

 

しかし私たちが不動産屋に用があることはすくなく、毎月の家賃、トラブル、契約更新くらいではないでしょうか。
毎月の家賃といっても、今ではほとんどが銀行振り込みになっているでしょうから、実質はトラブル時だけの人もおおいかと思います。

 

例えば水のトラブルなどの場合、管理している管理会社なのか、大家さんなのかは入居者にはわかりません。 勝手に業者を呼んだら実費を払うことになってしまったりするので注意が必要です。

 

転勤や出向で引っ越しする場合など、新しい土地に知り合いがいなければ大手ポータルサイトを頼りにするしかありませんよね。 ところが物件情報をみると同じ物件が掲載されていたりして、非常に使いにくかったりします。 その場合のコツは、良さそうな不動産屋さんに行き、この物件ありますか?と聞いてみるのが裏技です。

 

多くの場合、大家さんから預かった不動産屋さんがCHINTAIやminiminiなどに掲載料を払って載せているのです。 そのため、取り扱いをしていても不動産ポータルサイトに掲載していないだけということもよくあることなのです。

 

その場合、不動産ポータルサイトの掲載料がコストとしてかかりませんので、仲介手数料、敷金、礼金などをオマケしてくれる可能性が高くなるのです。
こういう不動産や賃貸に関するルールというかしきたりを知っておくだけで、賢く交渉ができちゃったりします。;
このサイトでは、引っ越し前後、オフィスの移転や原状回復に関する問題。建物の権利や管理、実際に居住した場合の環境問題やトラブル対処法をご紹介します。;

 

  1. パワーサイトランキング
  2. REVIVAL JAPAN
  3. クラシアン
  4. クラシアン
  5. クラシアン
  6. 焼肉通販
  7. アウトラスト
  8. 教室・スクール・クラブ
  9.